幼魚がいっぱい!

グループのお客様が入っていて

ブログ更新滞っていました。

その間、ジンベエザメも出ていたのですが…。


その反動で?逆にマンツーマンでのダイビング

今日は午前の1本目チュンポンピナクル

2本目は沈船サタクットでしたが、

最近、上は良くてもサーモクラインの下に濁りが…

それでも、中層の群れは健在です。

特に、イエローバンドフュージラー

幼魚が多くて塊になっています。


c0039073_22221929.jpg


ちょっと感じが違いますが、こんなイメージ



午後は浅場のアオルークヒンガム

サンゴに付いている魚を見ると

やはり目立つのが幼魚

テンジクダイの仲間の幼魚は

透き通っていて種類が不明


c0039073_22244621.jpg

この写真ぐらいになれば、判明するのですが…


そこに混泳しているのが、

フュージラーの幼魚と思しき

やはり透明な魚たち。


c0039073_22403363.jpg
 


これはユメウメイロですが、

カメラで寄らないと判別できません。



最近増えたのがフタスジリュウキュウスズメダイ

成魚も幼魚も入り混じって

同じサンゴに付いています。


c0039073_22431024.jpg

やはり幼魚の方が可愛いですね。



浅いポイントですが、

中層からユメウメイロ(こちらは成魚)が

フワッと降りて来て集まり

とても綺麗に見えました。


c0039073_22453104.jpg


午後は癒しのダイビングになりました~。



以上、タイ・タオ島よりMARCYのご報告でした。
(写真はストックからのイメージです)






[PR]

by taomise | 2017-04-27 22:47 | ダイビング情報