そろそろ見納めかも…

GWの繁忙期、

毎日朝から夕方まで海に出っ放し

ジンベエザメ爆発中!のタオの海ですが、

ジンベエ情報はキリがないので、

可愛いお魚のご紹介をします。


コタオリゾートが面している

チャロックバーンカオベイの出口

オイランハゼを撮りに行く浅場の周辺

サンゴがなかなか綺麗に付いています。

先日、そこで撮影をして来ました。



c0039073_19085809.jpg


以前使っていたリングストロボを復活させ

完全マクロ仕様


c0039073_19101193.jpg


最近、どこのポイントでも沢山見掛ける

フタスジリュウキュウスズメダイの幼魚


c0039073_19113384.jpg


肉眼ではわかりませんが、

ヒレが青く光っているんですね。



ハマサンゴの上をチョロチョロする

イソギンポ科のLaiphognathus multimaculatus

Spotty blenny

という英名のようです。



c0039073_19145387.jpg

イバラカンザシが似合いますね。


良く穴に入るので

顔だけ出している姿も可愛く見えます。


c0039073_19162389.jpg

そのイバラカンザシ

クローズアップレンズを付けて

思い切り寄ってみると


c0039073_19174438.jpg

ふんわり優しく綺麗な色に見えます。

色の入り混じったものも撮りましたが、

単色の方が良い雰囲気に。



ここのエダサンゴには

クラカオスズメダイの幼魚もいます。


通常潜るポイントでは見たことが無い

浅場ならではの魅力ですね。


c0039073_19215157.jpg

残念ながら、間もなく西風の時期になり

ここは波が入って潜り難くなります。

今回も、すでに水中はうねりが有って

撮影にいささか苦労しました。



また落ち着いて潜れるようになるのは

来期になってしまいそうです。


その頃に、また新しい発見があることを

期待して待ちましょう。



以上、タイ・タオ島からMARCYの報告でした。






[PR]

by taomise | 2017-05-06 19:28 | ダイビング情報