<   2005年 02月 ( 23 )   > この月の画像一覧

いいとこ見っけ!

日 時:02月23日
ポイント:ヒン ルーク
天 候:晴れ
 風 :南東
波 高:1m
気 温:31℃
水 温:28℃
透明度(→):8m
透視度(↓):10
報告:山中 和敏

コメント:
 今回は普段行かないポイント、ヒン ルークへ。なぜ行かないかというと係留
のためのロープが設置されていないからなのだ。おかげでほとんど行く人がおら
ず穴場スポットとなっている。私も場所は知っていたが実際に入るのは初めてだっ
た。
 名前の由来となったのは、ルーク岩(タイ語で深い岩の意味)と名づけられた
水面から突き出した岩。周囲の深さは18Mほどなので深いという印象はないが、
ちょっと離れると24,5Mまではいけるらしい。水中では水深5Mほどのとこ
ろで島とつながっている。
 水中に入るとまず目に入ったのはタイワンカマスの群れ。大群ではないがしっ
かりまとまった群れで散らばる様子はない。水底をゆっくりと深場に向かうと砂
地に変わってくる。そこにはレッドマージンシュリンプゴビーがいた。まだダイ
バーなれしていないのでゆっくり近づく。
 岩地のほうは、スイムスルーがあり、ちょっと変わったソフトコーラルが岩の
表面を覆う。ふかふかのカーペットのようなそのコーラルは見たことのないもの
だった。岩の間を縫うようにツキチョウチョウウオやワヌケヤッコが現れ、岩の
下にはブルースポティッドスティングレイが寝ている。
 前回もぐった人の話によるとレオパードシャークがでたということでしたが、
そんなサプライズがなくても十分に楽しいポイントでした。 ここが普段から
ポイントとして使用されていないのが不思議。
ダイブショップから近いので今後開発していきたいなポイントでした。
[PR]

by taomise | 2005-02-26 14:26 | ダイビング情報

原 郁映 & 雅美 様

2005,02,20-23 OW (KOKO)c0039073_20473626.jpg





途中、ハプニングもありましたが、無事終了!!
これから家族4人でファンダイブですね★
屋台パンケーキはどうでしたか??
[PR]

by taomise | 2005-02-23 20:48 | おめでとうございます

(番外編)リラックス!

日 時:02月21日
ポイント:ホワイト ロック
天 候:くもり
 風 :南東(強し)
波 高:1m以下(外洋波高し)
気 温:31℃
水 温:28℃
透明度(→):10m
透視度(↓):10
報告:山中 和敏

コメント:
 始めての時の体験と言うのはずっと後にまで残るようです。始めての体験ダイ
ビングで英語の説明、いきなりドボンで、耳は痛いわ、鼻から水は飲むわで大変
な思いをされたそうでいまだにその恐怖感がとれないのだとか。
 その後一念発起でOWのライセンスを取得されたのですが中々水に馴染むこと
ができてないそうです。ということで思い切ってリラックスしまくりダイビング
を慣行してみました。ポイントはホワイトロック。
 当地4ダイブ目となるが水に入るとどうしても緊張してしまう様子なのでロー
プを使ってゆっくり潜行。すぐ近くの砂地でとりあえずストレッチ。水中なので
1、2,3,4とはいかないけれども腕とアシを思いっきり伸ばす。緊張すると
どうしても縮まってしまうんですよね。ついでに深呼吸。やっと目に笑いが出て
きたのでちょっと移動。ちょうど目の前にワヌケヤッコが。砂地に座りゆっくり
と鑑賞すると自然と緊張が解けて・・なさそうだな―。まま次にと言うことでサ
ンゴの間を出入りするフタスジリュウキュウスズメダイをじーっくり観察。婚姻
色らしく白っぽくなった固体がしきりに岩に体を摺り付けている。彼らも産卵の
シーズンなのだろうか。ゆっくりスロープをあがって今度はハナビラクマノミを
のぞき込む。あいかわらずかわいい。そろそろ緊張が・・・。うーん根深い。し
かしそろそろ時間となってしまったので岩の上で安全停止をして浮上。
 与那国の水中遺跡に潜ってみたいとのことなので今回の間にどうにか怖さだけ
でも取り除いてもらいたいのですが、トラウマってのは恐ろしいですね。のんび
りとしたタオ島の海でのんびりできるようになっていって欲しいな。
[PR]

by taomise | 2005-02-21 17:18 | ダイビング情報

サンゴの中を!

日 時:02月20日
ポイント:ジャパニーズ ガーデン
天 候:晴れ
 風 :南東
波 高:0.5m以下(外洋波高し)
気 温:32℃
水 温:28℃
透明度(→):8m
透視度(↓):不明
報告:山中 和敏

コメント:
 オープンウオーターの講習以来1年以上丸々もぐっていなかったと言うご夫妻
とのダイビング。まるっきり忘れていらっしゃったようでとりあえずはスキルチェッ
クから。レギュレーターリカバリー、マスククリアをやっていただいた。
 旦那さんの方は余裕でこなしたが奥様の方は緊張気味でしたのでちょっと練習
が必要でした。
 で今日はとりあえず泳ぎながらののんびりダイビング。ジャパニーズガーデン
南部に一面に生えるキャベツコーラルを見ながら諸所で観察。体長1cmにも満た
ないテンジクダイの幼魚がそこかしこに群れている。これが大きくなってくれて、
スミランのスカシテンジクダイのごとく岩の周りを囲んでくれることに期待。多
分だべられちゃうんだろうな。スズメダイ、ウミウシも小さいものが目立つ。ど
うやらベビーブーム世代の小学校入学フィーバーのようだ。目に見えるようになっ
てきた。相変わらずミツボシスズメダイは巣をつくりまくっているし、ウミウシ
の卵もぽつぽつと目に付く。タオ島は今出産フィーバーです。
[PR]

by taomise | 2005-02-21 17:17 | ダイビング情報

ビック フィッシュ レストラン

バン・ラック・カオビーチ、ダイビングショップの隣に位置する。寝転びながらだらだらとビールを飲むと言った場所。食事の方はまあまあだが、ちょうど夕日が沈むのが見える場所なので雰囲気はいい。
[PR]

by taomise | 2005-02-19 13:27 | レストラン・料理

ジャパニーズ・ガーデン(タイ料理・日本食)


 バン・ラック・カオビーチの外れにあるレストラン。店構えは簡素だが味の方は結構行ける。メニューも洋食・日本食からタイ料理とそろっており値段も手ごろ。遅くまでやっているのもうれしい。
[PR]

by taomise | 2005-02-19 13:26 | レストラン・料理

マンゴー・ベイ(Mango Bay)

c0039073_20543453.gifデイトリップのスピードボートが、1stダイブで使うことの多い湾。水深が浅く穏やかなので、体験ダイビングや講習にも使われるが、白い砂地に浅場のエダサンゴ、葉状サンゴ、シコロサンゴなどが入り混じった様々なサンゴが美しく、ファンダイブでも充分楽しめるポイント。ギンガハゼなどの共生ハゼやサラサハゼ、ヒレフリサンカクハゼ、ブルースポッテッドスティングレイ、ツキチョウチョウウオなども見られるが、あまりフィッシュウォッチにこだわらず、サンゴと砂地をノンビリ潜る“癒し系”ダイビングがお薦め。

◎最大水深 15m、◎初心者からOK
[PR]

by taomise | 2005-02-18 20:56 | ポイント情報

アオ・ルーク(Ao Leuk)

c0039073_20533077.gifここもクルーズの停泊地で、タオ島の南側に位置する。湾内は砂地で、ギンガハゼなどの共生ハゼ類が多い。島沿いのリーフにはタイワンカマスのかなりの数の群れ、ブルースポッテッドスティングレイ、クロオビアトヒキテンジクダイなどがいる。船を係留するモーリングと、その周辺の根には、ソリハシコモンエビ、オシャレカクレエビ、スザクサラサエビ、オトヒメエビ、イシガニの仲間などがいて、特にナイトが面白い。

◎最大水深 13m、◎初心者からOK
[PR]

by taomise | 2005-02-18 20:54 | ポイント情報

ヒン・ウォン・ベイ(Hin Wong Bay)

c0039073_20523067.gifクルーズ船が停泊地にしているタオ島東側の湾。夏場の西風のシーズンにも波が入らず、常に快適に潜れる。10mほどの砂地にサンゴが点在し、タイワンカマスの群れなどが見られるエリア、スイムスルーもある岩場のエリアなど、場所によって雰囲気が違うが、ポイントの一番の売りは浅場のエダサンゴ。水深5mほどから広がっているサンゴは、着底する隙間も無いほど。スズメダイやベラの住みかになっていて、ルリホシスズメダイやヒレナガスズメダイの幼魚、ワンスポットダムゼル、シムシアンダムゼル、タレクチベラの幼魚などが多い。

◎最大水深 14m、◎初心者からOK
[PR]

by taomise | 2005-02-18 20:53 | ポイント情報

ナン-ユアン・ケーブ(Nang-Yuan Cave)

c0039073_20511410.gifナン-ユアン島の岸沿いの岩場とサンゴのポイント。陸上でも巨岩がゴロゴロ重なっているが、水中で重なり合う岩と岩の隙間を抜けることが出来る。長さは約20m有るが、ケーブと言っても洞窟状ではなく岩の間から光が入るので、ライト無しでも暗くは無い(生物を見るためにはライトが有った方がベターだが)。穴の中にアトヒキテンジクダイ(ダマシ)やハタンポがギッシリと群れている。ちょっと毛色の変わったポイント。

◎最大水深 14m、◎初心者からOK
[PR]

by taomise | 2005-02-18 20:53 | ポイント情報