のんびりがいいかも

c0039073_21341411.jpg
日 時:04月28日
ポイント:ホワイト ロック
天 候:晴れ
 風 :南東
波 高:0.5m
気 温:32℃
水 温:30℃
透明度(→):10m
透視度(↓):10m
報告:山中 和敏

コメント:
 昨日の夜中、そして今日の午前中と雨が降りちょっと涼しく感じるものの湿度100%蒸し暑さ満点!強烈でした。
 今日はお昼からのダイビング。1本目ツインロックと思ったんですが、大量のボートがいるためあきらめてホワイトロックへ。一昨日ジンベイが出た時間なのでもしかしたらもありましたが、今回は狙わずのんびりダイビング。

 まずは英名3種ハゼのうち2種類(レッドマージン&マスクド)いい感じでカメラと思ったらフラッシュ同期せず観察することに。
つづいてヒレフリサンカクハゼとヒノマルハゼ。うーんハゼづくしの様相。のんびりと砂地についての観察。
ちょっと岩場に行くときんぴかのコガネアジが捕食中。ちょっとエキサイティング。その後 まだ確定できないほど小さなウミウシ(たぶん学名 armina sp)を見てから、サヨリを見ながらエキジット。
のんびりしたダイビングでした。
(写真 資料)
[PR]

by taomise | 2005-04-28 21:37 | ダイビング情報

期待!!

日 時:04月27日
ポイント:ノーネーム ピナクル
天 候:晴れ
 風 :南東
波 高:0.5m
気 温:35℃
水 温:30℃
透明度(→):15m
透視度(↓):15m
報告:山中 和敏

コメント:
 昨日ジンベイザメがホワイトロックに出現しました。我々も隣のサイトにいたのですがニアミスに終わってしまい欲求不満を残したまま今朝はジンベイ狙い。
 どうやらタオ島に近い場所を回っているらしい(前回見たものと同じ固体)との情報で近場で出現確立が高いらしいノーネーム ピナクルへ。
 上をきょろきょろ遠くをきょろきょろしながら中層をいくと、ウメイロモドキの群れが裂けていく。これはもしやと思ったら・・・カスミアジ、お食事中。サーモクラインのもやもやが近づいてきてもしやこの中にと突っ込むが中はジャワラビットフィッシュだらけ。

水底についてひとまずハゼ観察。長い名前のレッドマージン、マスクド、メタリックの3種のシュリンプゴビーを観察しながらも上が気になる。根を回りながら60CMほどあるスジアラや1m級のオニカマスを観察するも気は外に向いている。
 水深10mほどにあげたときに再びユメウメイロの群れが裂けて、目を凝らすと・・・ゴマモンガラ。がっかり。
 時間となり安全停止へ。根ノ上で停止していると水面に向かってアオウミガメが向かって行く。ちょうど5mのところで水面を窺がっている様子なのでゆっくり近づきつかの間のランデブー。

 振り返ってみてかなり楽しかったダイビングなんですが・・・期待が大きすぎました。
[PR]

by taomise | 2005-04-27 20:11 | ダイビング情報

ワンダフォー!

c0039073_19493889.jpg
日 時:04月25日
ポイント:ツイン ロック
天 候:晴れ
 風 :南東
波 高:0.5m
気 温:35℃
水 温:30℃
透明度(→):30mオーバー
透視度(↓):?m
報告:山中 和敏

コメント:
 昨日も水がきれいで感動したツインロックに今日も行ってきました。昨日よりもさらに透明度が増しています。本当に水がきれい。ヨーロピアンガイドたちもワンダーフォーの連発。クルーもナーム スワイ(水 きれいのタイ語)を連発。私もいいですよーの連発。本当にいい。
 強烈に降り注ぐ太陽光が水中でも日焼けが心配になるくらい水中が明るい。ソラスズメダイの青。ユメウメイロの黄色。トウアカクマノミの赤。ハナビラクマノミのピンク。タマゴのオレンジ。そして砂の白。いつにも増してキレイに輝いて見える。
 流れもなく完全にリラックスした状態イバラカンザシの林の中で安全停止。透明度を楽しみながらのゆっくり浮上。船の上からも浮上するダイバーの姿がはっきりと見えた。
 ダイブ終了後、シュノーケルで入りあとに続くダイバーの浮上風景を撮ってみました。水のきれいさが伝わるとうれしいです。
[PR]

by taomise | 2005-04-27 19:53 | ダイビング情報

わさわさ!

日 時:04月24日
ポイント:チュンポン ピナクル
天 候:晴れ
 風 :南東
波 高:0.5m
気 温:35℃
水 温:30℃
透明度(→):25m
透視度(↓):25m
報告:山中 和敏

コメント:
 朝から快晴のタオ島。午前8時の段階で気温33度を記録。風がちょっとあるものの”暑い”の一言に尽きる。こんな日はもうダイビングしまくりが一番です。

 今日の1本目はチュンポンピナクル。抜けてます。上から下までずーっと。サーモクラインも入っておらず水底まではっきりと見える。

まずは深く深度をとってオニアジの群れ。探さなくても上から見えてました。相変わらずハタタテダイを取り囲んでいました。なんか仲間意識でも芽生えてるんでしょうか。
 水深20mまであげてユメウメイロの群れがわさわさ、ちょっと沖にでてジャワラビットフィッシュがわさわさ。突っ込んでも逃げない。
 ちょうど潮どまりの時刻で流れも穏やか。ふと見るとキンセンフエダイがわさわさ。いっとけーと突っ込む。
 根の上に戻るとミナミハコフグの幼魚?色が変わってそろそろ大人の雰囲気。ホット一息。

しかしわさわさ終わらず頭上にはタイワンカマスがわさわさ。下はセンジュイソギンチャクがわさわさ。目の前はハナビラクマノミがわさわさ。遠くが見えない。

 あっという間に時間終了。

 2本目はツインロック。こちら透明度30m。どこまでも見えるっていいですよねー。ここでは放任主義ダイビング。好き勝手でもちっとも怖くない。ギンガハゼ、トウアカクマノミの等のおなじみさんたちがのんびりとしている姿をゆっくり観察。水がきれいだと魚もリラックスできるんでしょうかね。
[PR]

by taomise | 2005-04-24 20:58 | ダイビング情報

どこまでも続く

日 時:04月23日
ポイント:サウス ウエスト ピナクル
天 候:晴れ
 風 :南東
波 高:0.5m
気 温:34℃
水 温:30℃
透明度(→):30mOVER
透視度(↓):30m
報告:山中 和敏

コメント:
 抜けてます。いい状態が続いてます。日差しは強烈、波はなし。水はきれいで、魚はいっぱい。まったくもってすばらしい日々が続いてます。

 私の中で、今オ島で一番ホットなポイントサウスウエストピナクル。群れ有り小物あり、しかもジ○○イの可能性ありのありありづくしです。正直いい。
 今日も水底に近づくにつれて、タイワンカマスの群れがお出迎え。かなり大きくなってきて迫力すら出てきました。今回はマクロも見逃さじとエビ穴へ。エビがわんさか、さらに今日はジャンズパイプフィッシュも今日は隠れることを忘れたように泳ぎ回ってレインボーカラーのキレイな体を見せてくれる。
 ちょっと沖に黄色い群雲が。キンセンフエダイの大群。この透明度でも端は見えない。見とれているとゴマモンガラがどこからともなく現れた。一瞬緊張。でも今日はご機嫌さん。ホンソメワケベラにクリーニングされながら頭の角を出したり引っ込めたり、気持ちがよさそう。いやな奴でも気持ちよさそうなときは見ていて楽しい。
 根に戻ると黄色い群雲第2軍団。ホソヒラアジの群れ。こちらは壁になってどこまでも続く。濃い魚の壁で向こうは見えない。
 根ノ上で安全停止。ハナビラクマノミの姿が少ないのはちょっと残念だが、透明度も手伝ってダツの若魚らしき群れが体を蛍光ブルーに輝かして漂っている。
ちょうどそこにボートがあったのでそのままエキジット。
今のサウスウエストピナクル一度は潜ってほしいですね。
[PR]

by taomise | 2005-04-23 20:18 | ダイビング情報

水深3mなのに

c0039073_2184032.jpg
日 時:04月22日
ポイント:アオ ルーク
天 候:晴れ
 風 :南東
波 高:0.5m
気 温:34℃
水 温:30℃
透明度(→):10m
透視度(↓):10m
報告:山中 和敏

コメント:
 午後からののんびりダイブの時間にアオ ルークへいってきました。海岸にち近づくとなんだか海の色が真っ赤。なんと赤潮。ここのところの水温上昇のせいか増えすぎたプランクトンが死滅したようで・・・。まずいかなと思いながらもちょっと入ってみると表面の2,30CMだけのことで水中にはほとんど影響がないようでした。

いつものツキチョウチョウウオ、ホソカマス、タイワンカマス、そしてブチウミウシは何事もないかのようでした、水面を幕が覆っているためちょっとくらいなー、そう思っていると5Mを越えたあたりまでくると幕もなくなりいい感じ。

しかしびっくりしたのはエントリー直後。水底について見ると遠くで大きな影が。一瞬サメかなとも思ったのだが近づいてみると、ピックハンドルバラクーダの群れ。個体数は12尾と多くはないが、1Mぐらいまで近寄れてそのしゃくれ具合を堪能することができました。そして先回りをしているかのように何度も目の前に現れてくれました。

リーフに入ってからはいつものメンバーにご挨拶。今日はブルースポティッドスティングレイ祭りの様相。あちらこちらでしかも泳いでいる。(夜行性なので昼間は岩陰などにいることが多い)その他イソギンチャクカクレエビも結構大きくなってくれて見つけやすくなりました。

最後エキジットはこのポイント恒例のキビナゴきらきらのなかで。水面近くに何千何万匹いるキビナゴの間をスターになった気分でとおりぬけ水面へ。

赤潮は栄養価の高い海の証明。でも高くなりすぎると・・・。瀬戸内で育った人間にはちょっと心配になる日でした。
(写真 小林さん ブチウミウシ)
[PR]

by taomise | 2005-04-22 21:11 | ダイビング情報

サムイ島からの新しい交通手段

c0039073_13364095.jpg
サムイ島ータオ島間に新しいボートが就航しました。
これで日3便の大型カタマランボートが運行することになります。
タイムテーブルは
08:00 サムイ島 発
10:00 タオ島 着
14:45 タオ島 発
16:30 サムイ島 着
(時間は時刻表)
※タイの交通機関はよく時間が変更されるので事前に確認してください




ご用命はサムイダイビングサービス
+61-(0)77-230053
email:smuidiv@csloxinfo.com

料金等詳細については サムイダイビングサービス たおみせ  ホームページ上で(近日公開)
 http://www.samuidiving.net/taomise/
[PR]

by taomise | 2005-04-22 13:39 | 業務日報

視力が悪い人

視力が悪いというのは、スポーツをするのに何かと不便です。走っていると鼻からずり落ち、汗をかくと曇ってきて、キャッチャーマスクを跳ね上げたら眼鏡も一緒に跳んで行ってボールが顔面に落ちてきたりと私もいろいろと思い出があります。

ダイビングをするときは眼鏡をかけてというわけにはいきません。私の場合は視力矯正レンズつきマスクを使っています。これはマスクのガラスの部分がレンズになっていて眼鏡の代わりをしてくれるものです。これだとマスクをはずしてから眼鏡をかけるまでの間が結構大変です。タンク交換や機材の片付けを眼鏡無しでやるのはちょっと怖いときもあります。しかもこのレンズが高い。しかも使えるマスクが限られていたりして好きなマスクを使えないなんてこともあります。

最近は使い捨てのコンタクトレンズを使う人が増えています。これならもし万が一マスクに水が入ってレンズが流れてしまっても簡単に替えがきき、マスクも自分で好きなものを選べ、マスクをはずしても視力が落ちることがなくて便利です。
乱視や遠視の方は基本的にもコンタクトレンズでの対応がいいようです。

その他簡単な視力矯正グッツとしてマスクのレンズ部分に吸盤で貼り付けるレンズがあります。これはスポーツ用品店などで1500円ほどで売っています。簡単なんですが、視野が狭まるのと見てくれが悪いので私はあまり好きではありません。


初めての講習やマスクをレンタルでと思っている人にぜひ調べておいてもらいたいのが近視度数。S値という値。マスクのレンズは基本的にS値で分かれています。日本の眼鏡屋さんならほぼどこでも調べてもらえます。これを知っておくと「視力はいくつぐらいですか?」と聞かれたときに、「S-4です」と答えると簡単に自分の視力にあったマスクを見つけることができます。ただ水中では物が近く大きく見えるのであまり強いレンズを使うと気持ちが悪くなることああるのでちょっと軽めのレンズを使うほうが無難です。

はっきり物が見えないというのは怖いものです。自分に合った方法で視力を矯正して水中の景色を楽しみましょう。
[PR]

by taomise | 2005-04-21 18:11 | 業務日報

孵った?

c0039073_216508.jpg
日 時:04月14日
ポイント:ツインロック
天 候:晴れ
 風 :南東
波 高:0.5m
気 温:34℃
水 温:30℃
透明度(→):20m
透視度(↓):20m
報告:山中 和敏

コメント:
 ツインロックのアイドルトウアカクマノミのタマゴがなくなりました。写真ではわかりにくいと思いますが、昨日の時点で目が出ていたので孵ったのではないかと思います。育っていくのはうれしいですが、なくなってしまうのはちょっと悲しいですね。でもそれまで水をかけたり、敵を追っ払ったりと忙しそうだった親クマノミがのんびり泳いでいる姿もまたいいもんです。今日は子育ての疲れも見せずに思いっきり飛び回ってました。

(写真 AKANE SUZUKI2005/4/13)
[PR]

by taomise | 2005-04-14 21:07 | ダイビング情報

鈴木 玲音 様

c0039073_20464150.jpg
2005/04/14 200本達成! おめでとうございます。
7年ぶりのご来店(髪の長いころのMARCYのOWとか)
そして今回ラストダイブで200本達成!
クマノミと徹底的に遊んでましたねー。
7月にはクルーズでお待ちしてます。
人生上り調子ですよ!

担当 わびん(和尚)
[PR]

by taomise | 2005-04-14 20:47 | おめでとうございます