耳抜き

日 時:05月30日
ポイント:ラム チィエン
天 候:晴れ
 風 :南西
波 高:50cm
気 温:32℃
水 温:31℃
透明度(→):2m
透視度(↓):2m
報告:山中 和敏

コメント:
 ここのところタオ島の海が・・・にごってる。ゴールデンウイークに抜けまくっていたのがうそみたいににごっている。と同時にジンベイ情報もぱったり止まってしまった。雨も降ってないし、流れもないのになんでだー、と首をかしげている状態です。
 そんな中今回はオープンウオーターの講習でのこと。ダイビングのスキルでできなくて最も困るのが圧平衡、いわゆる耳抜きではないでしょうか。確かに呼吸や中性浮力といった問題もありますが、PADIのOWコースの学科セッションでももっとも最初に勉強するのが圧力のこと。
 実際のスキルでは鼻をつまんで空気をおくりこむことやつばを飲み込むということになるんですが、これの度合いが難しい。いやできる人には簡単なんですが、もともと耳の管が細い人やその日の体調が悪い人などひどく苦労する人がいます。

 今回の斉藤さんも苦しみました。ちょっとアレルギー気味だということで10CM単位の潜降。牛歩状態。でも落ち着いて着実に降りてきて自分で大丈夫だというまでOKのサインを出さない。これは私としてはとても助かりました。待たしては悪いとかみっともないという理由で無理に潜行して耳を傷めることがあります。インストラクターはそれを見抜かなければいけないのですが、いかんせん人の痛みはわかりづらいものです。斉藤さんのように自分ではっきりとした意思表示がしてもらえると本当に助かります。

 この日は最終ダイブ。ゆっくり降りた先にはタイワンカマスが渦を巻いて我々を祝福してくれました。透明度は悪かったですが本当にいいダイビングになったと思います。

 ダイバーで耳抜きが苦手な方は多いと思います。そういう方は一度耳鼻科に相談してみてください。またダイビング前には必ずガイドにそのことを伝えてください。ダイビングはリクリエーションです。できるだけ苦労なく体にも優しくやりたいものです。
[PR]

by taomise | 2005-05-30 20:17 | ダイビング情報

いやー、こけちゃいました

4日前の夜のことです。ガソリンを入れにメンハートまで走っていると、突然ライトの光の中にに犬が!ぶつかるとハンドルときったところ今度は人が!急ブレーキ&急ハンドル。何とかぶつかるのは避けたのですがこけちゃいました。怪我は軽い擦り傷ですみましたがあと2,3日ダイビングはお預けです。次の日潜ったあとでクリニックにいったら怒られてしまいました。怒られて当然。結果、思いっきり膿んでしまいました。

タオ島の道ではブレーキは踏まないのが基本。踏むと砂で滑ってしまうんです。この運転の仕方は結構難しい。日本の感覚で運転すると痛い目にあう。南の島をバイクで走るのは本当に気持ちがいいものですが、くれぐれも気をつけて、ゆっくり走りましょう。

ちなみにこの日はほとんど飲んでなかったんですが・・・誰も信じてくれませんでした。とほほ。
[PR]

by taomise | 2005-05-25 20:05 | 業務日報

お帰りは温泉によってから?

ゴールデンウイークが終わり私の体に異変が。腰痛発生です。そこでどうしても「お風呂に入りたーい」ということで1週間のお休みをもらい温泉ツアーにいってきました。場所はラノーン(RANONG)。ミャンマーとの国境の町でタオ島からだと西側に船とバスで約半日のところにあります。ここにはなんと天然温泉がわいていて本格的にお風呂に入れるというのを聞き行ってきました。

今回は事情によりサムイ島からの出発でしたが、プーケットやタオ島からの方が簡単にいけるようです。温泉は単純泉で強烈な硫黄のにおいがないのがちょっと寂しかったですが、露天風呂あり、ちょっと高級なスパあり、お寺の中に温泉があったりと外湯に出かける感覚で入れる温泉がたくさんあるのがうれしい。湯温はちょっと熱すぎるお湯が沸いていました。

また周辺の川では本格的ラフティングが楽しめるとか。

熱帯のタイで温泉ツアーもまた楽しいのでは。ちなみにタイ語で温泉は 「アップ ナム ローン」または「モォー ナム ローン」で通じました。英語の表記は「SPRING」または「SPA」が多かったですね。

 タイは湯船がない国。気がつけば1年ぶりのお風呂でした。
[PR]

by taomise | 2005-05-24 17:10 | 業務日報

藤田 洋之 様



c0039073_16392473.jpg
2005/05/23 1000本記念 おめでとうございます。
すごすぎる。1000本記念です。毎回本当に楽しそうにクルパチ、クルパチと写真を撮っている本当にいいダイバーだなーと思います。今回は水中で一気&たおみせ初の船上乾杯。ミレニアムのお味はいかがでしたか?
            担当 わびん


c0039073_16394876.jpg
[PR]

by taomise | 2005-05-24 16:44 | おめでとうございます

10日ぶりのタオ島

日 時:05月20日
ポイント:ツイン ロック
天 候:曇り
 風 :南西
波 高:50cm
気 温:32℃
水 温:31℃
透明度(→):8m
透視度(↓):6m
報告:山中 和敏

コメント:
 ゴールデンウイーク明けからしばらく更新していませんでしたが、たおみせの方はブッキングもないのでちょっとお休みをして私は温泉ツアーに行ってきました。その模様はまた業務日報で。
 
 ちょうど季節の変わり目とインド洋に発生した大型の低気圧の影響で周辺各地では雨模様でしたが、タオ島では天気は悪いもののほとんど降らず、水不足のまま「もう少し降ってもらいたいけど、ダイビングは雨が降らないほうが・・・」という感じです。

10日間海に入らなかったのは久しぶりで「どんなかなー」とエントリー。うっにごってる。ゴールデンウイーク中がすごくキレイだっただけに余計ににごっているように感じました。そんな中でダイビングスタート。もう何度もこのポイントを潜っている人なので今日はちょっと趣向を変えて”ちょっとドロップオフ風”ダイビング。流れはほとんどなかったんですが、思い切って根をはずしてユメウメイロやジャワラビットフィッシュの群れの中へ突っ込みしばらく過ごしていると「ザッ、ザッ」と音を立てて群れが動く。さらにタンクをたたく音が!もしやこれは大物では、としばらく待ったんですが、何にびっくりしているのか結局わからずじまい。でも機敏に動き回る黄色と青がとってもキレイでした。
根に戻る前にトウアカクマノミにあいさつをといくと、一匹しかいない。確か5匹のファミリーになってたはずなのに・・・唖然。どこをどう探してもいない。住処のコークスクリューアネモネもちっちゃくみすぼらしくなっているしなんだか悲しくなってしまいました。
それでも気を取り直してブルースポットスティングレイを探していると、アオウミガメが岩の隙間に体半分はまってアワアワしている。隠れてるつもり?「おかしいなー」という風に首を傾けるので笑ってしまいました。

ゴールデンウイーク終了後も3日置きぐらいにジンベイザメが出現中のタオ島。
6月はヨーロピアン達も少なくてノンビリした季節。夏に向けてちょっとノンビリタイム。ちょっといいとこ探しに行ってきます。
[PR]

by taomise | 2005-05-24 16:37 | ダイビング情報

季節が変わる?

日 時:05月08日
ポイント:ヒン ウオン ベイ
天 候:曇り
 風 :南西
波 高:50cm-4m
気 温:30℃
水 温:31℃
透明度(→):8m
透視度(↓):5m
報告:山中 和敏

コメント:
 ゴールデンウイーク中はたくさんのお客様のご来店をいただいて、さらにジンベイザメが頻繁に出たこともあり、タイで一番暑い”暑期”がさらに熱いものになった季節でした。

 季節の変わり目というのは突然やってくるもので、今日の朝起きたらいきなり西風に変わっていて、インド洋に発生した大型の低気圧(台風並み)の影響もあっておおしけ。沖のポイントは断念。風のあたらない場所をということで半年ぶりに東側のポイントへ。

 うそみたいに照り付けていた太陽がかげり、水中もなんだか暗い感じ。ボートの上も、暗くなるかと思ったら船長が久しぶりの時化に喜んでしまって妙に盛りあがって、みんな苦笑気味ながら楽しい雰囲気の中でダイビングを始めることができました。

 透明度は思ったとおり悪く、水中は暗い感じ。ちょっとやな感じだなーと思ってましたが、半年完全に自然の中にあったポイントは元気元気!びっくりするぐらいサンゴがキレイで去年よりも広がっているのがわかりました。サンゴの成長は遅いというけれども目に見えて広がるときもあるんですね。
 魚たちも久しぶりのダイバーにびっくりしている様子。近づくとおろおろとしている。
 幼魚たちがあっちこちにいて、大丈夫かなー、やっぱやめとこ、と枝サンゴの間を出たり入ったり。あの黄色いのはと見に行くとミナミハコフグの若魚。かわいい。ほんわかしてしまいました。
 予定のコースを通ってさて船にと思って帰りかけるとタイワンカマスの群れが。去年は30尾ぐらいの群れだったと思うんだけど・・・。切れない。通り過ぎるのを待ってたんですが、あまりに切れないので中に突っ込んで船に帰りました。

この低気圧が通り過ぎたらタオ島はそろそろ乾期の前。季節代わりには何かが起
きそうな気配!
[PR]

by taomise | 2005-05-09 20:42 | 業務日報

タバコをやめさせたい人へ


c0039073_1337258.jpg この4月1日からタイのタバコのパッケージがすごいことになりました。それまでは日本と同様(言葉はかなりきついようですが)に文字だけの注意だったのですが、写真つきで禁煙を呼びかけるものになりました。かなりえげつない写真が載っているので絶対にタバコをやめさせたい人へのお土産にどうでしょうか?
[PR]

by taomise | 2005-05-06 13:39 | 業務日報

Jira's SPA

メンハートにあるお手軽SPA。料金もお手軽。
タイマッサージ      250B/時間
オイルマッサージ    300B/時間
フェースマッサージ   300B(1時間)
(料金は変わることがあります)

その他各種コース有り

マッサージ前にシャワーを浴びさせてくれるのがうれしい。なんとバスタブがあるので交渉次第では湯船につかることができるかも。
[PR]

by taomise | 2005-05-05 19:00 | マッサージ・スパ

お久しぶりに亀です

日 時:05月03日
ポイント:ツインロック
天 候:晴れ
 風 :南東
波 高:0.5m
気 温:34℃
水 温:31℃
透明度(→):20
透視度(↓):15m
報告:山中 和敏

コメント:
 ジンベイフィーバーにわくタオ島ですが、この日は報告なし。1本目のチュンポンピナクルは30mの透明度で本当に心地の良い状態でのダイビング。私のチームは会えなかったのですが、2mほどのマダラエイに出会ったチームもありました。
 
 2本目はツインロック。このチームでは2回目なので今回は趣向を変えて亀探し。まずはギンガハゼやメタリックシュリンプゴビーの観察をしていてもらいながら、ガイド2名できょろきょろうろうろ。しかし探すと見つからないものです。
ブルースポティッドスティングレイやサビウツボと遊んでもらっている間もきょろきょろ。なかなか出ません。続いてオヤビッチャのタマゴを観察。の間もきょろきょろ。うーん。時間が来てしまった。しょうがないので安全停止。
ふと遠くの水底からフワーっと近づいてくるものが。よっしゃーいけーでちょっとランデブー。小さめのアオウミガメでした。一緒に水面にと思ったんですが、亀が嫌がって方向を変えたのであきらめて船へ。
 タオ島のタオは亀って意味なんですが、なかなか会えないんです。でも最近良く見るようになりました。個体数増えてるかも。

しかし亀の目って一瞬怖いときありません?一緒にと思ったらにらまれたような気が・・・。
[PR]

by taomise | 2005-05-05 18:53 | ダイビング情報

浜田俊一 様 塚田桂祐 様 藤田洋之 様

c0039073_2032024.jpg
20050504 AOW おめでとうございます!

5ダイブおつかれさまでした\(^o^)/。
三次元空間、やっぱり気持ちいいですよね~。
見なれた水中も、じっくり観察すると新たな発見が!。
小物もかわいいですよね~(笑)。
これからもダイビングにはまって下さーい。
もちろんタイにも、、、!!!。

担当 HIROMI
[PR]

by taomise | 2005-05-04 20:36 | おめでとうございます