野上 晃平 様・横山 康隆 様

c0039073_15175956.jpg
野上 晃平 様
2005/09/26 オープンウオーター取得 
おめでとうございます。
鼻血は出ちゃいましたが、あまりの運動神経のよさにビックリ。全部一発で決めてくれて私は楽させてもらいました。次回はナイトダイビング楽しみましょう!
            担当 わびん 
横山 康隆 様
2005/09/26 アドバンスドオープンウオーター取得 
 おめでとうございます。
船酔いに負けずよくがんばりました。次回は波のないところでののんびりダイブをしましょうね。東京での約束よろしく!
            担当 わびん 
(くされ縁3人組)
[PR]

by taomise | 2005-09-27 15:20 | おめでとうございます

目黒 学 様

c0039073_154391.jpg
2005/09/26 アドバンスドオープンウオーター取得 
 おめでとうございます。
 水中での雄たけび聞こえてましたよ!台風のなかのベトナム旅行いかがでしたか?今度は東京でお会いしましょう!

            担当 わびん 
[PR]

by taomise | 2005-09-27 15:07 | おめでとうございます

村上 英敏 様

c0039073_14594762.jpg
2005/09/25 アドバンスドオープンウオーター取得 
 おめでとうございます。
2度目のアドバンスコースはいかがだったでしょうか?今度はしっかりカードが届きますように!



            担当 わびん
[PR]

by taomise | 2005-09-27 15:01 | おめでとうございます

秋刀魚の季節ですねー

日 時:09月21日
ポイント:ヒン ンガム
天 候:はれ
風  :西
波 高:0.5m
気 温:30℃
水 温:29℃
透明度(→):10m
透視度(↓):10m
報告:山中 和敏

コメント:
 晴れたー。波もないー。すばらしい天気!焼けるーって言いながらにやついてます。

 今日はアオ ルークで体慣らしの後ヒン ンガムへ。
エントリー時間が4時20分と遅くなったのでエイの泳ぎだしに期待しながらエントリー。水面から既にタイワンカマスの群れが見えそこに向けて潜行。しかし数が多いよー。右も左も上も下もギラギラ。どこまでも続く群れに囲まれてうれしいんですが、そこにツキチョウチョウウオが、ワヌケヤッコが、ギンガハゼが・・・・目の前のタイワンカマスに目は釘付け。囲まれること約20分他の魚見えたかなー。

 今度は岩に近づいてブルースポティドスティングレイの早起きさんを探しに。
もくもくしているところに近づくと、いましたいました。ばふばふやってます。まだ若い固体、元気がいい。ひらひらしながら泳ぎ去ろうとするのを注意深く追って激写。

 帰り道はヤッコやチョウチョウウオをのんびり観察。ペアになっているツキチョウチョウウオを夕日にかざしながら眺めるとなんだか神々しく思えてきました。

今週はタイガースカラー(ヒレナガスズメダイYG)を探そうと思っているので今回も安全停止中は浅場で探してみました。探すと見つからないんですよねー。優勝の日に見つかるといいなー。

 いい天気になり元気になってきました。魚たちの表情も心なしか落ち着いて見えます。
[PR]

by taomise | 2005-09-21 20:47 | ダイビング情報

お勧め麺料理

c0039073_1311199.jpg
最近はまっている麺料理です。名前はクゥイ ヂャップ、ゆびさし会話帳によるともつ煮込み巻太めんとなっています。こってりしたスープなのにしつこくないし、具沢山でおなかがいっぱいになるんですけどもたれない。あろーいです。
タオ島で食べられる店は、郵便局横のお肉屋さんのカレーの店。ここのナスと鶏足のカレーも辛いけどうまい。しかもこの店野菜にナムプリックがついてくるうれしいサービスも。
お昼過ぎまでしかやってないので(売り切れ御免)早めに行ってみましょう。
[PR]

by taomise | 2005-09-21 13:13 | レストラン・料理

もしかして寝てる?

日 時:09月18日
ポイント:ヒン オン ピナクル
天 候:くもり
風  :西
波 高:3m
気 温:30℃
水 温:29℃
透明度(→):5m
透視度(↓):5m
報告:山中 和敏

コメント:
 風の強い日が続いてます。涼しいんですがダイビングにはちょっと問題ですね。
というわけで今日も波を避けて島の東側へ。しかし逃げてるわけではありません。
東側もごっついいポイントいっぱいです。

 今日は他の船もたくさんやってきていました。エントリーしてモーリングロープの近くに行くと渋滞中。流れていないのでそのままちょっと離れて潜っていきました。降りたところはソフトコーラル畑。奇妙な形のソフトコーラルが林立。ブラックコーラルもちょっと不気味に光って怪しげな不陰気。とその中にヨロイウオが5匹ほどひょこひょこやってきて、なぜか不思議の国のアリスを思い出してました。

 今日は他のダイブマスターのアシスト。コース取りは彼に任せて私はお客さん観察をしていました。このお二人手話ができるので水中でしゃべるしゃべる。スレートいらずです。たぶん突込みとかはいってるんだろなーと思いながら楽しく見てました。

 大きなワヌケヤッコやロクセンヤッコを楽しみながら泳いでいくと水底の岩が動いてる?と思いきや亀です。泳いでいるのはたまに見かけるのですが今日の亀は動かない。興奮して泡をぶはぶはいわせながら近づいたのですが、嫌がる気配もなし。ちょうどとおりかかった他のガイドにもサインを送り15人ぐらいが順番に見に行ったのですがまったく動かない。寝てるのかなー、ってまだ朝だよなー。かなり朝寝坊の亀なのかなー。結局最後の人が立ち去るまでそこでじっとしてたそうです。何があったんでしょうね。

 モーリングロープに戻り安全停止をしているとユメウメイロをはじめとするタカサゴの仲間たちが青と黄色い幕で覆ってくれました。

 現在のタオ島、透明度は良くないですが、こんなときこそ不思議なものに出会えたりするもんです。雨季まで後ちょっと。スタッフもラストスパートで気合入れ直してます。
[PR]

by taomise | 2005-09-18 18:38 | ダイビング情報

明日は中秋の名月!

日 時:09月17日
ポイント:アオ ルーク
天 候:くもり
風  :西
波 高:3m
気 温:30℃
水 温:29℃
透明度(→):5m
透視度(↓):5m
報告:山中 和敏

コメント:
 日本が台風シーズンのはずなんですが、そこに行くはずの台風の卵たちがベトナム・タイ方面へ・・・。タオ島周辺波が高く透明度も・・・。

 今日は波のない湾内でののんびりダイビングをしてきました。

 エントリーして砂地に下りると同時にお尻の黄色が可愛いゴマアイゴが群れでドドーって普段あまり動かないで固まっているんですが、今日はなんだかそわそわ。この後も現れては消えを繰り返してました。
 根の周りを回りながらソラスズメダイやシルバーダムゼルなどのスズメダイをゆっくり観察。ソラスズメダイの頭の模様に個体差がある事を発見!って当たり前か?

 2週間前に発見したハナビラクマノミの卵はまだありました。前回見たときはまだ真っ赤だったのですが、今日はオレンジに色づいていて光が入ってたら綺麗だろうなー。曇ってるのが恨めしい。既に目もしっかり見えてハッチアウト寸前。明日は中秋の名月。そして大潮。今夜当たり新しい命の誕生となるのではと期待しながらちょっと寂しかったりもします。

 今日の方は手話を駆使するお客様。普段水中でインストラクター同士は結構会話(サインですが)していますが、手話にはかないません。水中にいるのを忘れさせるほどたくさんの会話をしているのをみて、本気で手話を勉強しようかと。
手話は”あいうえお”をあらわせるそうです。水中手話サークル、だれか実現できないもんですかねー。
[PR]

by taomise | 2005-09-17 21:09 | ダイビング情報

いてくれたーけど・・・

日 時:09月03日
ポイント:グリーン ロック
天 候:晴れ
風  :南西
波 高:1m
気 温:31℃
水 温:30℃
透明度(→):20m
透視度(↓):20m
報告:山中 和敏

コメント:
 タオ島の西側が透明度がいいという情報で今日は朝から西攻めです。久しぶりに一本目からグリーンロックへ行ってきました。
 一部にごっているものの透明度はいい感じ。まずは前回ゴマモンガラに囲まれて安否を気遣っていたトオアカクマノミへ。無事でした。イソギンチャクも元気でした。が周りが爆弾が落ちたみたいに・・・去年もすごかったですが今年もやってくれました。

 その後、高速穴くぐりコースへ。まずは入り口のワヌケヤッコの幼魚を観察。まだいてくれました。少しだけ大きくなったような気が。いつ巣立っていくのか。ずっとこのままいてほしいんですが・・・そうもいかないですよね。
 そして穴くぐりスタート。中を観察というよりは今回は4つ全部くぐる事に集中。まずはモーリング下に出る穴、お次は短いけれども次に狭いスイムスルーが続くトリッキーな穴、最後は2つ続くもっとも長い穴を潜り抜け4つ穴終了!

いい時間になっていたので深度をあげながら短く岩を回ってロープに帰ろうと進路をとるとゴマモンガラ出現。大丈夫かなーと近づくと警戒態勢になってしまったので引き返し別ルートで・・・とそこも警戒中!しょうがない岩の真ん中突破とそこにも・・・って普通に食事してた固体がいきなり警戒態勢に!大回りするのも怖いので水面に近い岩の側でひとまず浮上する事にして安全停止。

安全停止中、お客さんのタンクにコガネシマアジの幼魚がついているのを発見。どうも私のタンクについてきてたらしいです。ここで初めて気がつきました。

3分間ゆっくり観察したあと浮上。水面移動中も下が気になりましたが、一気に移動して襲われずにすみ、ほっと一息。

グリーンロックのワヌケヤッコの幼魚とゴマモンガラ。恒例になりつつありますが・・・正直ゴマモンガラは恒例にしたくないです。
[PR]

by taomise | 2005-09-03 21:27 | ダイビング情報

ぐちゃー!

日 時:09月02日
ポイント:チュンポン ピナクル
天 候:晴れ
風  :なし
波 高:0m
気 温:31℃
水 温:31℃
透明度(→):25m
透視度(↓):25m
報告:山中 和敏

コメント:
 昨夜11時頃から強烈な雷雨に見舞われたタオ島です。家の前の道が川になっているし、一晩中雷が鳴り止まず、スコールの強烈さが6時間も続き雨漏りと戦う夜でした。
 一夜明けて朝はまだ霧雨が降っていたものの8時ごろからは薄日も差し始め気温もぐんぐん上昇。そして圧巻だったのが風。ほぼ無風。まるで湖のような水面でした。

 そんな中一路チュンポンピナクルへ。今回は「深いところに行ってみよー」という事で反復ダイビングの限界、水深30mを目指して遊ぶ事にしました。

 水中は多少流れがあり水底付近ににごりがあるものの透明度もよく浮遊間を味わいながら5mを過ぎてから斜めにちょっと早めの潜行。まずはオグロメジロザメが良く出るポイントへ潜行。今日は2匹と少なかったんですが迫力は満点。ちょっと怖い。

そのままの深度でバラクーダロックへ。そこにはホソヒラアジの一群が。密集しているので玉のようになっているのに真横から突っ込むとぐちゃーとした塊が前後左右を多い尽くして周りが見えないほど。

そこから垂直浮上して根の上に。花びらクマノミと戯れていると、1mほどの魚が入り乱れてる影が?目を疑いましたがヨコシマサワラ(追いかけられなかったので確認できませんでしたが)の集団捕食?シュンシュンはやいスピードで交差する影、おびえて動き回るユメウメイロ。思わずホーン連打したんですが・・・お客様はハナビラクマノミに夢中。振り向いてもくれない。行くに行けないけどこれはもしかしたら今後の目玉になる?

その後は流れもあって根の上を高速移動しエキジット。

次回への新たなチャレンジ意欲を沸き立たせるダイビングになりました。
[PR]

by taomise | 2005-09-02 21:09 | ダイビング情報