季節が変わる?

日 時:05月08日
ポイント:ヒン ウオン ベイ
天 候:曇り
 風 :南西
波 高:50cm-4m
気 温:30℃
水 温:31℃
透明度(→):8m
透視度(↓):5m
報告:山中 和敏

コメント:
 ゴールデンウイーク中はたくさんのお客様のご来店をいただいて、さらにジンベイザメが頻繁に出たこともあり、タイで一番暑い”暑期”がさらに熱いものになった季節でした。

 季節の変わり目というのは突然やってくるもので、今日の朝起きたらいきなり西風に変わっていて、インド洋に発生した大型の低気圧(台風並み)の影響もあっておおしけ。沖のポイントは断念。風のあたらない場所をということで半年ぶりに東側のポイントへ。

 うそみたいに照り付けていた太陽がかげり、水中もなんだか暗い感じ。ボートの上も、暗くなるかと思ったら船長が久しぶりの時化に喜んでしまって妙に盛りあがって、みんな苦笑気味ながら楽しい雰囲気の中でダイビングを始めることができました。

 透明度は思ったとおり悪く、水中は暗い感じ。ちょっとやな感じだなーと思ってましたが、半年完全に自然の中にあったポイントは元気元気!びっくりするぐらいサンゴがキレイで去年よりも広がっているのがわかりました。サンゴの成長は遅いというけれども目に見えて広がるときもあるんですね。
 魚たちも久しぶりのダイバーにびっくりしている様子。近づくとおろおろとしている。
 幼魚たちがあっちこちにいて、大丈夫かなー、やっぱやめとこ、と枝サンゴの間を出たり入ったり。あの黄色いのはと見に行くとミナミハコフグの若魚。かわいい。ほんわかしてしまいました。
 予定のコースを通ってさて船にと思って帰りかけるとタイワンカマスの群れが。去年は30尾ぐらいの群れだったと思うんだけど・・・。切れない。通り過ぎるのを待ってたんですが、あまりに切れないので中に突っ込んで船に帰りました。

この低気圧が通り過ぎたらタオ島はそろそろ乾期の前。季節代わりには何かが起
きそうな気配!
[PR]

# by taomise | 2005-05-09 20:42 | 業務日報

タバコをやめさせたい人へ


c0039073_1337258.jpg この4月1日からタイのタバコのパッケージがすごいことになりました。それまでは日本と同様(言葉はかなりきついようですが)に文字だけの注意だったのですが、写真つきで禁煙を呼びかけるものになりました。かなりえげつない写真が載っているので絶対にタバコをやめさせたい人へのお土産にどうでしょうか?
[PR]

# by taomise | 2005-05-06 13:39 | 業務日報

Jira's SPA

メンハートにあるお手軽SPA。料金もお手軽。
タイマッサージ      250B/時間
オイルマッサージ    300B/時間
フェースマッサージ   300B(1時間)
(料金は変わることがあります)

その他各種コース有り

マッサージ前にシャワーを浴びさせてくれるのがうれしい。なんとバスタブがあるので交渉次第では湯船につかることができるかも。
[PR]

# by taomise | 2005-05-05 19:00 | マッサージ・スパ

お久しぶりに亀です

日 時:05月03日
ポイント:ツインロック
天 候:晴れ
 風 :南東
波 高:0.5m
気 温:34℃
水 温:31℃
透明度(→):20
透視度(↓):15m
報告:山中 和敏

コメント:
 ジンベイフィーバーにわくタオ島ですが、この日は報告なし。1本目のチュンポンピナクルは30mの透明度で本当に心地の良い状態でのダイビング。私のチームは会えなかったのですが、2mほどのマダラエイに出会ったチームもありました。
 
 2本目はツインロック。このチームでは2回目なので今回は趣向を変えて亀探し。まずはギンガハゼやメタリックシュリンプゴビーの観察をしていてもらいながら、ガイド2名できょろきょろうろうろ。しかし探すと見つからないものです。
ブルースポティッドスティングレイやサビウツボと遊んでもらっている間もきょろきょろ。なかなか出ません。続いてオヤビッチャのタマゴを観察。の間もきょろきょろ。うーん。時間が来てしまった。しょうがないので安全停止。
ふと遠くの水底からフワーっと近づいてくるものが。よっしゃーいけーでちょっとランデブー。小さめのアオウミガメでした。一緒に水面にと思ったんですが、亀が嫌がって方向を変えたのであきらめて船へ。
 タオ島のタオは亀って意味なんですが、なかなか会えないんです。でも最近良く見るようになりました。個体数増えてるかも。

しかし亀の目って一瞬怖いときありません?一緒にと思ったらにらまれたような気が・・・。
[PR]

# by taomise | 2005-05-05 18:53 | ダイビング情報

浜田俊一 様 塚田桂祐 様 藤田洋之 様

c0039073_2032024.jpg
20050504 AOW おめでとうございます!

5ダイブおつかれさまでした\(^o^)/。
三次元空間、やっぱり気持ちいいですよね~。
見なれた水中も、じっくり観察すると新たな発見が!。
小物もかわいいですよね~(笑)。
これからもダイビングにはまって下さーい。
もちろんタイにも、、、!!!。

担当 HIROMI
[PR]

# by taomise | 2005-05-04 20:36 | おめでとうございます

またまた出ました。今度は2固体!

c0039073_2181740.jpg
日 時:04月29日
ポイント:チュンポンピナクル
天 候:晴れ
 風 :南東
波 高:0.5m
気 温:35℃
水 温:30℃
透明度(→):30m
透視度(↓):30m
報告:山中 和敏

コメント:
 またまた出ました。ジンベイザメ!もう間違いなく今年は当たり年でしょう。

チュンポンピナクルに向かう途中に船長が無線を聞けというのでタイ語で早口でまくしたてる無線を聞いていると、ホエール?7m?8m?という単語が聞こえ、船長をみるとにやりとして親指を立てる。その時すでに先に到着した船が発見、一緒にダイブしているとのこと。
 そこからポイントまでの30分間は本当にもどかしく逃げないでくれーと願いながら、ジンベイ対策ブリーフィング。
 ポイントにはすでに10台あまりのボートが到着しておりそこらじゅうダイバーの泡だらけ、スノーケラーだらけ。こりゃだめかなと思いながらエントリー。
 船の上から船長があそこにいるというので水面移動で根の近くまで移動。しかし影もない、が魚もいない。これはと思って潜降。水深10Mに達したとき見えた。あの大きさはやつしかいない。指差しながら全員でダッシュ。全員初めてみる大きさに初めは影を捕らえられない。はっきりとジンベイ柄が見えるとそれまでついてきていた人たちが、あっという間に私を追い越して行った。その速さにびっくり。
そこからはジンベイザメ一本。他のものなど目もくれず(当然か)約25分。上になったり下になったり。手を伸ばせば触れる距離にジンベイがいる状態。そろそろ泳ぎ疲れたなーと思っていると、さらにもう1固体が水面に。疲れも吹っ飛びました。4mと5m級の固体のクロスシーンはもう最高!こんな幸せあっていいんだろうか。
 幸せのうちにエアーが少なくなり浮上。

 前日の幸せのギンガハゼ6ペアは伊達じゃありませんでした。

(写真 資料)
[PR]

# by taomise | 2005-05-03 21:11 | ダイビング情報

のんびりがいいかも

c0039073_21341411.jpg
日 時:04月28日
ポイント:ホワイト ロック
天 候:晴れ
 風 :南東
波 高:0.5m
気 温:32℃
水 温:30℃
透明度(→):10m
透視度(↓):10m
報告:山中 和敏

コメント:
 昨日の夜中、そして今日の午前中と雨が降りちょっと涼しく感じるものの湿度100%蒸し暑さ満点!強烈でした。
 今日はお昼からのダイビング。1本目ツインロックと思ったんですが、大量のボートがいるためあきらめてホワイトロックへ。一昨日ジンベイが出た時間なのでもしかしたらもありましたが、今回は狙わずのんびりダイビング。

 まずは英名3種ハゼのうち2種類(レッドマージン&マスクド)いい感じでカメラと思ったらフラッシュ同期せず観察することに。
つづいてヒレフリサンカクハゼとヒノマルハゼ。うーんハゼづくしの様相。のんびりと砂地についての観察。
ちょっと岩場に行くときんぴかのコガネアジが捕食中。ちょっとエキサイティング。その後 まだ確定できないほど小さなウミウシ(たぶん学名 armina sp)を見てから、サヨリを見ながらエキジット。
のんびりしたダイビングでした。
(写真 資料)
[PR]

# by taomise | 2005-04-28 21:37 | ダイビング情報

期待!!

日 時:04月27日
ポイント:ノーネーム ピナクル
天 候:晴れ
 風 :南東
波 高:0.5m
気 温:35℃
水 温:30℃
透明度(→):15m
透視度(↓):15m
報告:山中 和敏

コメント:
 昨日ジンベイザメがホワイトロックに出現しました。我々も隣のサイトにいたのですがニアミスに終わってしまい欲求不満を残したまま今朝はジンベイ狙い。
 どうやらタオ島に近い場所を回っているらしい(前回見たものと同じ固体)との情報で近場で出現確立が高いらしいノーネーム ピナクルへ。
 上をきょろきょろ遠くをきょろきょろしながら中層をいくと、ウメイロモドキの群れが裂けていく。これはもしやと思ったら・・・カスミアジ、お食事中。サーモクラインのもやもやが近づいてきてもしやこの中にと突っ込むが中はジャワラビットフィッシュだらけ。

水底についてひとまずハゼ観察。長い名前のレッドマージン、マスクド、メタリックの3種のシュリンプゴビーを観察しながらも上が気になる。根を回りながら60CMほどあるスジアラや1m級のオニカマスを観察するも気は外に向いている。
 水深10mほどにあげたときに再びユメウメイロの群れが裂けて、目を凝らすと・・・ゴマモンガラ。がっかり。
 時間となり安全停止へ。根ノ上で停止していると水面に向かってアオウミガメが向かって行く。ちょうど5mのところで水面を窺がっている様子なのでゆっくり近づきつかの間のランデブー。

 振り返ってみてかなり楽しかったダイビングなんですが・・・期待が大きすぎました。
[PR]

# by taomise | 2005-04-27 20:11 | ダイビング情報

ワンダフォー!

c0039073_19493889.jpg
日 時:04月25日
ポイント:ツイン ロック
天 候:晴れ
 風 :南東
波 高:0.5m
気 温:35℃
水 温:30℃
透明度(→):30mオーバー
透視度(↓):?m
報告:山中 和敏

コメント:
 昨日も水がきれいで感動したツインロックに今日も行ってきました。昨日よりもさらに透明度が増しています。本当に水がきれい。ヨーロピアンガイドたちもワンダーフォーの連発。クルーもナーム スワイ(水 きれいのタイ語)を連発。私もいいですよーの連発。本当にいい。
 強烈に降り注ぐ太陽光が水中でも日焼けが心配になるくらい水中が明るい。ソラスズメダイの青。ユメウメイロの黄色。トウアカクマノミの赤。ハナビラクマノミのピンク。タマゴのオレンジ。そして砂の白。いつにも増してキレイに輝いて見える。
 流れもなく完全にリラックスした状態イバラカンザシの林の中で安全停止。透明度を楽しみながらのゆっくり浮上。船の上からも浮上するダイバーの姿がはっきりと見えた。
 ダイブ終了後、シュノーケルで入りあとに続くダイバーの浮上風景を撮ってみました。水のきれいさが伝わるとうれしいです。
[PR]

# by taomise | 2005-04-27 19:53 | ダイビング情報

わさわさ!

日 時:04月24日
ポイント:チュンポン ピナクル
天 候:晴れ
 風 :南東
波 高:0.5m
気 温:35℃
水 温:30℃
透明度(→):25m
透視度(↓):25m
報告:山中 和敏

コメント:
 朝から快晴のタオ島。午前8時の段階で気温33度を記録。風がちょっとあるものの”暑い”の一言に尽きる。こんな日はもうダイビングしまくりが一番です。

 今日の1本目はチュンポンピナクル。抜けてます。上から下までずーっと。サーモクラインも入っておらず水底まではっきりと見える。

まずは深く深度をとってオニアジの群れ。探さなくても上から見えてました。相変わらずハタタテダイを取り囲んでいました。なんか仲間意識でも芽生えてるんでしょうか。
 水深20mまであげてユメウメイロの群れがわさわさ、ちょっと沖にでてジャワラビットフィッシュがわさわさ。突っ込んでも逃げない。
 ちょうど潮どまりの時刻で流れも穏やか。ふと見るとキンセンフエダイがわさわさ。いっとけーと突っ込む。
 根の上に戻るとミナミハコフグの幼魚?色が変わってそろそろ大人の雰囲気。ホット一息。

しかしわさわさ終わらず頭上にはタイワンカマスがわさわさ。下はセンジュイソギンチャクがわさわさ。目の前はハナビラクマノミがわさわさ。遠くが見えない。

 あっという間に時間終了。

 2本目はツインロック。こちら透明度30m。どこまでも見えるっていいですよねー。ここでは放任主義ダイビング。好き勝手でもちっとも怖くない。ギンガハゼ、トウアカクマノミの等のおなじみさんたちがのんびりとしている姿をゆっくり観察。水がきれいだと魚もリラックスできるんでしょうかね。
[PR]

# by taomise | 2005-04-24 20:58 | ダイビング情報